COMPANY PROFILE会社案内

ごあいさつGREETING

鋳造品の進化を目指す

当社は、1959年の創業以来ものづくり産業の一翼を担う鋳物専門製造業として 努力してまいりました。 技術を科学的に考えることにより、多くのお客様の部品の性能向上・品質安定の ニーズにこたえてまいりました。

急速に変化する世の中で、絶え間なく進歩する技術に対応するため、材料の 研究開発・基礎研究・品質保証のためのエンジニアリングに力を注ぎ、お客様の 頼もしいパートナーとなるべく、さらなる進化をしていく所存でございます。

私たちは、製品信頼性向上を基本に、お客様に選ばれ社会に貢献できる企業を 目指してまいります。

経営理念

鋳物の開発を通して社会に貢献し、社員の幸福な未来を追求する企業であり続ける

経営方針

・鋳物の進歩と革新に挑戦し、可能性を広げるために事業を行う
・科学と技術により製品の価値を高める提案をし、より良い生活の実現に貢献する

代表取締役社長 加藤弘之

会社概要CAMPANY

社名 株式会社 カトー
所在地 〒288-0821
千葉県銚子市小浜町2538(小浜工業団地内)
連絡先 TEL:0479-23-8383
FAX:0479-23-8384
資本金 2,400万円
創業 昭和36年(1961年)4月
代表者 代表取締役社長 加藤弘之
従業員 37名(2023年4月)
営業品目 エレベーター用部品
半導体製造設備部品
熱間成形用金型
ポンプ部品
都市ガス用ボールバルブ部品
コンプレッサー用部品
印刷機械部品
その他一般産業機械部品
材質 FC200、FC250、FC300、FC350
FCD400、FCD450、FCD500、FCD600、FCD700、FCD800、FCD900
主要設備 5t低周波炉 × 1
10tリジェネバーナー熱処理炉 × 1
コールドボックスマシン × 1
フラン自硬性砂型システム × 1
5tミキサー × 3
20tミキサー × 1

バッチミキサー20㎏×1
ショットブラスト × 1

会社沿革HISTORY

1961年 株式会社加藤兄弟鋳工所として資本金150万円にて埼玉県川口市において会社設立
1969年 資本金を600万円に増資
1970年 低周波誘導炉を導入
1973年 資本金を2400万円に増資
1974年 千葉県銚子市小浜工業団地に移転
1989年 社名を株式会社カトーに変更
1999年 微細化球状黒鉛鋳鉄(KFCD)を開発
2005年 KFCD技術で滝澤賞受賞(日本鋳鉄工業会)
2006年 低周波誘導炉を更新(3t→5tへ)
2007年 試験研究センター完成
2011年 小型軽量模型用自動倉庫新設
2012年 コールドボックス導入
2012年 東京スカイツリー®高速・大容量エレベーター巻上機用部品納入
2014年 熱処理棟新設
2014年 先端設備導入補助金にて、リジェネバーナー式熱処理炉・自硬性鋳型システム(砂再生装置・20t/5tミキサー)・サーモカルク等を導入
2019年 世界最高速エレベーター巻上機用部品納入

アクセスマップACCESS

お車でお越しの場合

大栄ICから約60分
横芝光ICから約60分

各種交通機関でお越しの場合

JR銚子駅から車で15分
高速小浜バス停から徒歩10分

TOPに戻る